申し込み方法とは

時計修理 オメガの時計を正規修理のオーバーホールに出すなら、スウォッチグループのサービスセンターに申し込むのがおすすめです。一般修理なら、信頼できる1級時計修理技能士が対応する実店舗に持ち込むか、インターネットや電話で申し込むがおすすめです。

詳しく見る

修理の工程と仕組み

腕時計 オメガのオーバーホールは先ず分解した部品を洗浄して掃除します。その後注油をしながら必要備品を交換して組み立てていきます。精度確認とタイミングはムーブメントを組み上げてから調整します。ケージングは埃と傷に注視して作業を行います。

詳しく見る

2つの方法で依頼できます

時計修理 機械式時計オメガのオーバーホールは正規メーカーか時計修理店に依頼します。正規メーカーは確かな品質を持ちますが料金は割高です。時計修理店は正規よりも安い価格で依頼できますが、サービスの質はお店によります。

詳しく見る

大切なメンテナンス

腕時計 オメガの腕時計を購入して、長く身につけ続けたいと考えるのなら、定期的にオーバーホールを行ってもらうことが重要です。きちんとオーバーホールを行ってもらっていれば、50年という長い間身につけ続けられるかもしれません。

詳しく見る

具体的にどんな事をする

時計修理 ここでは、オーバーホールの基本からオメガならではの特徴、そしてどんな所にオーバーホールを依頼すれば良いのかという事を記述してきました。よく耳にするが意外と知らないオーバーホールの事や、オメガ独特のムーブメントの事等を簡潔に伝えています。

詳しく見る

壊れないために

腕時計

不調を直して長持ちさせよう

オメガの時計を買った場合、クォーツ式なのか機械式なのかしっかりと把握する必要があります。なぜならば、クォーツ式でも機械式でもオーバーホールというメンテナンスが必要ですが、その長さがまったく異なるからです。もしも、初めてオメガの機械式の時計を買ったのならば、3年間隔くらいでオーバーホールが必要なので忘れないようにしましょう。オーバーホールを忘れてしまうと、どんどんと内部に不都合が起きてしまい、いずれは故障してしまうかもしれません。オーバーホールを行えば、不調が起こりそうなところをしっかりと調整してもらえるため、壊れる前に完全な状態へと戻してもらえます。 なお、オメガの時計をオーバーホールしてもらう場合は、時計職人に依頼をすることになります。メーカーはもちろん、外国産の高級時計に対応する職人がいるお店でもよいので、予算や納期などを考えて選ぶとよいでしょう。お店でオーバーホールしてもらいたい場合は、輸送でも頼めるところがあるため、遠くにいる技術力のある職人に頼むこともできます。ただし、輸送を利用するのならオメガは高級なので、アクシデントで壊れてしまったり盗まれてしまったりしたときを考えて、保証がついた宅配方法にしましょう。ちなみに、クォーツ式のオメガの時計をオーバーホールする間隔は、機械式の倍くらいでよいといわれています。間隔が長すぎて忘れてしまうかもしれないので、きちんとメモを残すなりして、オーバーホールを受けなければいけない時期を明確にしておきましょう。