修理の工程と仕組み

腕時計

3から4年をめどにする

オメガオーバーホールで行う主な工程は腕時計の再度の不具合などを確認して分解します。その後洗浄機などで分解した部品を洗浄して、注油と点検をして必要な部品は交換して組み立てます。精度確認やタイミングはムーブメントを組み上げて調整して、埃と傷に注意しながらケースに文字盤と針をつけて組み込みます。修理の工程が終わったら巻き上げと制度テスト、防水と磁気テストを行います。なお実際にワインダーにかける必要があり、ランニングテストを行うのが巻き上げと精度テストです。オーバーホールやメンテナンスでオメガスピードマスターの場合で、多いのが遅れることと止まることです。その原因は油が変質することで遅れたり、止まるなどの動作不良は部品の破損と摩耗が主な原因です。内部部品にかかる負荷を最小限にとどめることが重要です。長く使用するためには3から4年をめどにして、定期的なオーバーホールと部品交換を行う必要があります。プッシャー・リューズが破損した場合は、強度が錆びの発生によって低下したことと外部からの衝撃などです。このケースに対してはオーバーホールの超音波洗浄で対処します。バックルの破損はスライドネジの破損と内臓バネなどの部品の錆びで起こります。スライドネジは経年劣化を起こす部品なので部品交換で対処します。また内蔵バネの部品の錆びに関してもオーバーホール時の超音波洗浄で予防します。これらと比較してダイバーズウオッチのオメガシーマスターの場合は、湿気の侵入で発生する故障は頑丈なつくりで防水性能が高いので少ないようです。故障の少ないオメガシーマスターは形状がシンプルなことも特徴です